営業許可

事業をするには許可が必要な業種があります。風俗営業許可、古物業許可、旅行業登録、利用運送許可、建設業許可、宅建業許可、酒類販売免許、化粧品販売許可などサポートします。

食品衛生法に基づく営業許可申請を経営する場合

  • 必要書類例
    • 申請書
    • 店舗の図面(厨房配置入り平面図)
    • 水質検査証明書
    • 法人の登記簿謄本(申請手数料)
  • 食品衛生責任者の配置

出店地域の保健所

深夜(午前0時から日の出前)において酒類の販売を行なう場合 ー深夜酒類提供飲食店営業の届出

  • 必要書類例
    • 営業の方法を記載した書類
    • 営業所の平面図
    • 外国人登録証明書の写し
    • 定款及び登記簿の謄本
    • 役員に係る前記[外国人登録証明書の写し]に掲げる書類

警察署生活安全課

人材派遣をしたい場合 一般労働者派遣事業→許可が必要。自社で常用雇用している労働者以外(登録だけして仕事があったら派遣するというケース)を派遣する場合。 各都道府県労働局

食品の輸入を始めたい場合ー 食品衛生法に基づく輸入の届出   設計事務所を開設したい場合 建築士事務所登録 都道府県