武田事務所でできること

・自分は高度人材に該当するのか?

・子供が小さいので老親を呼び寄せ面倒を見て欲しい

・高度人材のデメリットもあると聞いたが、技能人文知識国際業務在留資格VISAと高度人材とどちらが良いか

などお悩みではありませんか?

 

その問題、行政書士が解決します!

 

・技能人文知識国際業務在留資格VISAと高度人材とどちらが良いかアドバイスできます!

・老親を呼び寄せる、ナニー雇うとき等の要件を説明し、在留資格変更申請の書類作成、書類チェック、入国管理局への

申請代行が可能です!

・1~3年後永住VISAへの在留資格変更のアドバイスとチェック、入国管理局への申請代行も可能です!

 

当事務所は外国人雇用や入管への在留資格申請、帰化を10年以上扱っており、その実績を基に皆様の課題を解決します。悩んでいないでまずはご相談ください。

高度人材のポイント制

 

 

◆学歴、職歴、年収、年齢等により、ポイント計算し、70点以上なら親や家政婦の帯同など優遇措置あり、永住も通常10年のところ、1~5年で取得可能となります。

で技人国なら70点の可能性があります。

◆高度人材「高度専門職1号ロ」の事例(入管HPより)

○ 外国の大学で修士号を取得(2 5点)し、IT関連で7年の職歴(15点)がある30歳(10点)の 者が、年収600万円(20点)で、経営支援ソフトの開発業務に従事 する場合

○ 日本の大学を卒業して学士を取得(10点+ボーナス10点)し、日本 語能力試験でN1を取得(15点)し、IT告示で定められている試験 の二つに合格(10点)している23歳(15点)の者が、年収400 万円(10点)でIT業務に従事する場合

◆2017年4月より以下にあてはめればさらに加算されることとなりました。
1)1億以上の投資
2)有名大学の卒業
世界の権威ある大学格付3機関(クアクアレリ・シモンズ社(英国),タイムズ社(英国),上海交通大学(中国))の大学ランキングのうち2つ以上において300位以内の大学
3)日本語能力加算N2以上

ページTOPへ