永住

永住に関する質問はご相談ください

  • 永住は来日後10年たたないと申請できないの?
  • 高度人材は1~3年で取れると聞いたが書類がよくわからない?
  • 年収はどれくらいあれば良いのか?

などお悩みではありませんか?

その問題、行政書士が解決します!

・永住在留資格VISA申請はその時々により微妙に許可される要件が変更になりますが、最新の情報に基づいてアドバイスできます!

・永住在留資格VISAを得るための在留資格変更申請書の作成と必要書類のチェック、入国管理局への申請を代行します!

・永住と帰化で迷っている方へ、どちらが良いかのアドバイスもします!

当事務所は外国人雇用や入管への在留資格申請、帰化を10年以上扱っており、その実績を基に皆様の課題を解決します。悩んでいないでまずはご相談ください。

永住の必要書類が2019年7月1日より変更になりました!

就労資格の場合、以下が新たに必要となります。

・住民税納税証明書5年分

・納税証明書(その3)

・直近5年間において住民税を適正な時期に納めていることを証明する資料

・年金定期便、など公的年金制度加入を証明する資料

・健康保険証コピーなど健康保険加入を証明する書類

事業主の場合さらに以下が必要です。

・健康保険・厚生年金保険料領収証書コピー

今回の改正で永住が遠くなった方も多いと思います。年金を払うと手取りが減ると払っていない外国の方もたくさんいらっしゃいます。

永住を取ると税金を払わなくて良い、という間違った考えをする外国人の方もいますので、今回の改正は公正という観点からは良いと思います。

ただ帰化はまだ年数要件も一般永住より軽く、本来帰化の方を厳しくすべきと思いますが、逆転現象となっています。

永住の要件

一般的永住の要件は以下です。

(1)素行が善良であること
(2)独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有すること
(3)その者の永住が日本の国益に合すると認められること
①原則として引き続き10年以上本邦に在留していること。10年のうち,就労資格又は居住資格をもって引き続き5年以上在留していること(在留資格「技能実習」及び「特定技能1号」を除く。)
②罰金刑や懲役刑などを受けていないこと。納税義務等公的義務を履行していること。
③現に有している在留資格について,入管法施行規則別表第2に規定されている最長の在留期間をもって在留していること。
④公衆衛生上の観点から有害となるおそれがないこと。

原則10年の例外があります。

(1)日本人,永住者及び特別永住者の配偶者→婚姻生活が3年以上あり,かつ,引き続き1年以上本邦に在留していること。その実子等の場合は1年以上本邦に継続して在留していること

(2)「定住者」→5年以上継続して本邦に在留していること

(3)難民の認定を受けた者→認定後5年以上継続して本邦に在留していること

(4)外交,社会,経済,文化等の分野において我が国への貢献があると認められる者で,5年以上本邦に在留していること
「我が国への貢献」に関するガイドラインを参照して下さい。

ex)①日本の上場企業など日本国内の企業の管理職に5年以上従事している者で,我が国の経済又は産業の発展に貢献のあった者

② 国際的規模で開催されるスポーツ競技会その他の大会の上位入賞者又はそ
の監督,指導者等としてその入賞に多大な貢献があった者で,おおむね3年
以上日本においてスポーツ等の指導又は振興に係る活動を行っている者

③日本国内の企業の経営におおむね3年以上従事したことがある者で,その
間に継続して1億円以上の投資を行うことにより経済又は産業の発展に貢献のあった者

(5)地域再生法(平成17年法律第24号)第5条第16項に基づき認定された地域再生計画において明示された同計画の区域内に所在する公私の機関において,出入国管理及び難民認定法別表第1の5の表の第36号又は第37号の活動を行い,当該活動によって我が国への貢献があると認められる者の場合,3年以上継続して本邦に在留していること

(6)の高度専門職のポイント計算で70点以上あり,次のいずれかに該当すること
ア 「高度人材外国人」として3年以上継続して本邦に在留していること。
イ 3年以上継続して本邦に在留している者で,永住許可申請日から3年前の時点を基準として高度専門職のポイント計算を行った場合に70点以上を有していたこと。

(7)高度専門職のポイント計算で80点以上あり,次のいずれかに該当すること
ア 「高度人材外国人」として1年以上継続して本邦に在留していること。
イ 1年以上継続して本邦に在留している者で,永住許可申請日から1年前の時点に高度専門職のポイントで80点以上の点数を有していたこと

1. Legal requirements
(1) The person is of good conduct.
The person observes Japanese laws and his/her daily living as a resident does not invite any social criticism.
(2) The person has sufficient assets or ability to make an independent living.
The person does not financially depend on someone in the society in his daily life, and his/her assets or ability, etc. are assumed to continue to provide him/her with a stable base of livelihood into the future.
(3) The person’s permanent residence is regarded to be in accord with the interests of Japan.

a) In principle, the person has stayed in Japan for more than 10 years consecutively. It is also required that during his/her stay in Japan the person has had work permit or the status of residence for more than 5 years consecutively.
b) The person has been never sentenced to a fine or imprisonment. The person fulfills public duties such as tax payment.
c) The maximum period of stay allowed for the person with his/her current status of residence under Annexed Table 2 of the Immigration Control and Refugee Recognition Act is to be fully utilized.
d) There is no possibility that the person could do harm from the viewpoint of protection of public health.

Special requirements for 10-year residence in principle
(1) The person is a spouse of a Japanese national, special permanent resident or permanent resident, and has been in a real marital relationship for more than 3 years consecutively and has stayed in Japan more than 1 year consecutively. Or, the person is a true child of a Japanese national, special permanent resident or permanent resident, and has stayed in Japan more than 1 year consecutively.

(2) The person has stayed in Japan for more than 5 years consecutively with the status of long term resident.

(3) The person has been recognized as a refugee, and has stayed in Japan for more than 5 years consecutively after recognition.

(4) The person has been recognized to have made a contribution to Japan in diplomatic, social, economic, cultural or other fields, and has stayed in Japan for more than 5 years.

(5) The person has continuously stayed in Japan for 3 years or more in cases where such person engaged in the activities coming under any of item (xxxvi) or item (xxxvii) of the public notice (Public Notice No. 131 of 1990) specifying the activities listed in the right-hand column of Appended Table I(5) of the Immigration Control and Refugee Recognition Act pursuant to the provisions of Article 7, paragraph (1), item (ii) of the same Act at a public or private organization located within the area of the plan specified
in the regional revitalization plan approved under Article 5, paragraph (16) of the Regional Revitalization Act (Act No. 24 of 2005), and these activities are deemed to have made a contribution to Japan.

(6) The person has a total score of 70 points or more based on the points calculation criteria prescribed in the Ordinance to Provide for the Criteria in the Right-Hand Column Corresponding to “Highly-Skilled Professionals as Specified in Appended Table

I(2) of the Immigration Control and Refugee Recognition Act” (hereinafter referred to as “Ordinance of the Ministry of Justice”), and comes under one of the following.
a. The person who has continuously stayed in Japan as a “Highly-Skilled foreign Professional” for 3 years or more.
b. The person who has continuously stayed in Japan for 3 years or more, and who is deemed to have a total of 70 points or more when calculating with reference to the situation at 3 years before the date of the application for permission for permanent residence.

(7) The person has a total score of 80 points or more based on the points
calculation criteria prescribed in the “Ordinance of the Ministry of Justice”, and comes under one of the following.
a. The person who has continuously stayed in Japan as a “Highly-Skilled foreign Professional” for 1 year or more.
b. The person who has continuously stayed in Japan for 1 year or more, and who is deemed to have a total of 80 points or more when calculating with reference to the situation at 1 year before the date of the application for permission for permanent residence.