経営者が知っておくべき経営ツール

会社経営に必要なITリテラシー

IT化がどんどん進み、ロボット、AIが人の仕事をしてくれるようになる時代はすぐかもしれません。以下は経営者にとって便利と思うサイトやガジェットをあげてみました。

*2018/2月現在の情報です

サービスの名称 概要 良いところ 注意点
スマートスピーカー
Google Home
Amazon Echoなど
Google検索、音楽の再生をスマホを介さずに音声で聞くだけで答えてくれるAIスピーカー 今何時、明日x時に起こして、今日のニュースは?などいちいちスマホをあけてアラーム設定したり検索したりしなくても答えてくれるので便利。 &検索はできない模様。「お役に立てそうもありません。もっと勉強します」と言うが、あまり進歩は見られない。
クラウドソーシング
Crowd Works
https://crowdworks.jp/
Lancers
https://www.lancers.jp/
一時的な仕事を依頼したいとき、日本全国の登録してくれた人からコンぺ方式で見積をとって、仕事を依頼できる。隙間時間に仕事をする人も多く安価なのも魅力。 会社のロゴを作りたい、一時的に入力業務が増えるのでお願いしたい、というときに数人から見積提案があり、相手の実績も評価でわかるのでその中から選べる。
名刺管理
SanSan
https://jp.sansan.com/
Eight
https://8card.net/
クラウド名刺管理
スキャンまたは名刺をスマホで撮影するだけでクラウド上に名刺を保管でき、全社員が1人1枚の名刺を持つ必要がない
名刺入力の手間、名刺保管のスペースが省ける
検索が容易
外出先でも名刺を見ることができる
スマホ決済
Square
https://squareup.com/jp
スマホがあれば顧客がカードでの決済希望した際対応可能 無料で売上情報を分析してくれるので、経営に役立つ。Freeeと連携しており、カード決済が多ければ決算はほぼ自動化可能。
クラウド会計
Freee
https://www.freee.co.jp/
簿記の知識がなくても会計が簡単に入力できる。口座を登録すれば口座取引は自動会計。 クラウドで保管するためデータ紛失の心配がない。
弥生会計等のデータもCSV形式なら移行可能。
コワーキングスペース
We Work
https://www.wework.com/ja-JP/
ダイアゴナルラン
https://diagonal-run.jp/
事務所を持たなくてもオプションにより世界中の同系列コワーキングスぺースが使用可能。
テントやバーもありイベントで異業種交流を促す仕組みもある。
急に人員が増える可能性があるが、まだ大きなスペースを借りるのは無駄、社員のテレワークに利用、社外との交流を通じ新しい発想を得るなど
クラウドファンディング
Campfire
https://camp-fire.jp/
夢や活動に共感した人からNetで広く支援を受けられる。従来は銀行、親族など調達先が限られていた 寄付型、購入型、金融型(貸付、株式など)に3分類され、地元や理念に共感した人から金融支援を受けられる
仮想通貨
仮想通貨ランキング
http://www.morningstar.co.jp/vc/index.html
外貨に替える必要なし。送金手数料安い 高騰の可能性もあるが、暴落の危険性もあり。自己責任で。
チラシなど印刷
ラクスル
https://raksul.com/
印刷会社の空いている印刷機で刷ることによりチラシパンフなど業務効率化、価格低下を実現 サイズが決まっており、定形外には対応不可
通訳
テレビde通訳
https://tsuyaku.tv/
24時間対応で通訳が必要なときTV画面で通訳してくれる。月額3000円~ 通訳を1人雇うほどではないが、たまに外国人が来る、という場合(ホテル、駅、市役所など?)は使える
駐車場シェア
軒先
https://www.nokisaki.com/
駐車場が空いている時間帯に他の人に貸し出す空きスペースの活用

海外出張で役立つアプリ

翻訳アプリ
Google Translator
日本語を入れると各国語の訳を教えてくれる。 音声でも教えてくれるのが便利。イタリア語を調べても発音がわからないので、発音させるか、画面を見せる 翻訳に少し時間がかかるので、たまにわからない単語を調べるのに便利
為替アプリ
為替レートなど
33ユーロなど現地通貨を即時に日本円に換算してくれる。 暗算でもざっくりと計算はできるが、正確な金額を知りたいときに役立つ。1日に使った金額など。
通話アプリ
Skype
Line
IDを知って入れば無料で世界中に電話が可能。 現地でスマホを契約するほどでもない期間、あるいは携帯番号が変わっては困る場合など、日本の携帯を使うと通話料がイギリスで1分400円!ほどかかる。IDを知らない場合はお金を前払いで、イタリアで1分約11円で通話可* Skype経由だと自分の電話番号が相手にうまく表示されないことがある
AirBnB 出張、旅行 相手によっては返答が遅い。

*携帯会社、固定、携帯電話どちらにかけるかによって料金は変わります

体調管理、生活に役立つアプリ

遠隔診療アプリ
LEBER
https://leber11.com/
医師をシェアする。1回の相談が100-500円と安価。ビデオ通話ではないので、気軽に相談可能。 菌がうようよしている場所で3時間待ちの病院に行く時間がない。まずは病院に行くべきかどうかを教えてもらえる。
体調管理アプリ
あすけん
https://www.asken.jp/
アプリで食事内容を入力するだけで栄養士からのアドバイスが受けられ、ダイエットや生活習慣病対策となる 経営者は体調管理が命。

朝起き辛い日は前夜何を食べたときか、原因が知りたいときなど。

まだ1回入力しただけ。。。続ければ成果あるかと。
英語アプリ・トレーニングアプリ 1日10問解く、1日5分運動する、というアプリ。足など部分痩せに効果なアプリもあり。 毎日続けることが困難な人にメールでリマインドしてくれる。隙間時間にでき、できたら達成しました!と褒めてくれやる気が持続する。
家事代行マッチング
たすかじ
https://taskaji.jp/
家事代行サービス。食事作り置きなど。3時間時給1500円よりと安価。評価により時給があがっていく。 大手は2時間2万円~で一人はベテラン、一人は初心者のペアでくるので、評価が高い人はコスパ高い。 1回会うと評価が甘くなりがちだが、基準を決めてきちんと評価すべき。

23区創業支援






ページTOPへ