郵送による在留カードの交付

在留期間更新や変更をしてから出国し、許可されたが、日本に帰れない外国人の方は

行政書士が代わって在留カードを受領することが可能です。

自分で申請したが、在留カードを受領できない外国の方、遠慮なくお問い合わせください。

必要書類は以下です。

① 在留カード(交付を受けている場合)
② 収入印紙を貼付した手数料納付書
③ 申請受理票
④ 通知書(郵送による在留カードの交付又は窓口での在留カードの受領の
いずれを希望するかについて案内が記載されているもの)
※ ⑨依頼書を同封する場合を除く。
⑤ 指定書(在留資格「高度専門職」,「特定技能」,「特定活動」の方で交
付を受けている場合のみ,パスポートから外して送付してください。)
⑥ 送付用封筒
⑦ 旅券の身分事項ページの写し(在留カードに漢字氏名の併記を希望され
る方のみ送付してください。)
⑧ 依頼書(在留カードの受領のみを取次者に依頼する場合のみ)

就労ビザを持っているが、コロナで解雇された、または休業中。

就労ビザ(技能実習を除く)を持っているが、

①会社を解雇された

②会社が休業中である 

③時短で他にも仕事をしないと生活できない

方は

資格外活動許可6カ月(または在留期限までのどちらか短い期間)を得ることが可能です。

求職の特定活動に変更することも可能です。

困っている場合、遠慮なくお問い合わせください。

コロナで認定証明書の有効期間が切れてしまった

コロナで上陸拒否国の日本大使館はVISA発行を停止している影響で認定証明書は現在有効期間が3か月から6か月に延長されています。

受入れ機関等が「引き続き,在留資格認定証明書交付申請時の活動内容どおりの受入れが可能である」という書面を提出する必要があります。

日本来日の際には、認定証明書が6か月以内であること

VISAが有効期限内であること

の2点が必要です。VISAが切れていたら入国できませんので、ご注意ください。

コロナで出国中だが、再入国できない。在留期限までに日本に帰れない。

再入国出国中にコロナの影響で在留期限が過ぎる方、もうすぐ在留期限が切れるが日本へ帰れない外国人の方は

・認定申請

・受入機関の理由書

等で審査します。

例えば2020/6末で在留期限が切れるが、再入国で本国に帰っており、飛行機が日本に在留期限までに飛ばない、という方が当てはまります。

受入れ機関に職員がいない場合(例えば「経営管理」)、行政書士が代理できます。お問い合わせが増えていますので、ご相談ください。

I left Japan by re-entry. But I cannot re-enter Japan by Corona viruses before the expiration date of my staus of residence! How should I do?

If your period of stay has expired due to the effects of corona, or if you are a foreigner whose period of stay is about to expire but cannot return to Japan, you need to submit the following documents to the Immigration Bureau.

-Application for certificte of eligibility
-Statement of reasons of the host institution

For example, your visa will expire at the end of June 2020, but you are returning to your home country by re-entry, and your flight will not be able to fly to Japan before your visa expires.

We have been receiving an increasing number of consultations from people who do not have staff at their host institution (e.g. “business management”).
We, GYoseishoshi Lawyer could represent you, so please consult with us.

http://www.moj.go.jp/content/001316293.pdf