ワ―ケーションのホテル考ーワ―ケーションをするときホテルに望む3つのこと 2022/8

ワ―ケーション時、ホテルはいろいろ試してみたいけど、荷物を動かすのが面倒である。行ったことのあるホテルなら良いが、例えば3泊で予約をいれると、荷物の移動はないが、そのホテルが合わなかったときのダメージが大きい。

逆に1泊づつホテルを変えると、10時チェックアウトから15時のチェックインまでの5時間をどこで仕事するかが問題だ。Wifiがあるところが基本。Cafeでも良いが、椅子が座りにくいときついい、そもそも5時間いるのもきつい。ホテルのロビーは椅子は良いが、Cafeのような机がないと仕事はしにくい。

ホテルの中でいろいろ回遊できるのが一番の理想だ。部屋に飽きたらホテルのカフェ、風を感じる見晴らしの良いテラス、レストラン、暖炉のあるロビーなどを回遊する。PCを使いやすいデスク仕様で、リラックスできる椅子、ソファ、ハンモックなどがあればなお良い。疲れたらハンモックで休み、暖炉の炎を見つめたい。

そうすると大きなホテルが良さそうだが、どんなに設備が良く、テラスやレストランが充実していても、ファミリーや団体が多いと一人ワ―ケーションでは寂しさを感じる。仕事の合間に今なら行けると家を飛び出す時、家族と予定を調整などしていては、ワ―ケーションなどいつまでたっても行けないのである。

必然的にお1人様用のプランのあるホテル、こじんまりしたホテルを選ぶことになる。

先日行ったホテルは少し失敗した。人と源泉はとても良かったが、ワンオペになっており、その人がいないと清算もできないし、割引チケットももらえない。ワンオペなのにその人はフロントにいないことが多かった。他の従業員にもわかるようにしておいてくれると良いのだが。

惜しかったもう一点はロビーが機能していなかったことだ。ロビーに人が集まる仕掛けがあれば良いのだけど、古いソファがおいてあるだけ。座っている人を見たのは1回だけ。かなりのスペースが無駄スペースになっていた。

以前言ったところはそこよりももっと狭いロビーにストーブとお茶セット、本棚がおいてあり、好きなときにいつでも温かいお茶が飲めた。そこに誰かが座ると店主がお茶を入れて話に加わってくれた。本棚の本も自由に読めた。

理想のホテルに本棚は欠かせない。自分が読まない本を見て、こんな本があるのかと手にとることができる。こういう本に興味があるのかと、スタッフの興味や傾向を知ることもできる。

ワ―ケーションを推奨するホテルには是非、以下3つを充実してほしい

①ワ―ケーション用サービスの明示ーホテル内のどこで仕事ができるか、アーリーチェックインやレイトチェックアウトサービスはあるか、次のホテルまで荷物を運んでくれるか、近くに散歩コースはあるか、あるなら何分のコースか、など

②本棚があると良いーオーディオブックは持っていくけど、本との出会いも楽しみである。

③ホテルの中で回遊できるようにしてほしい。部屋、カフェ、風を感じる見晴らしの良いテラス、レストラン、暖炉のあるロビー。リラックスできる椅子、ソファ、ハンモックなどがあればなお良い