「チョンキンマンションのボスは知っている」を読み

「チョンキンマンションのボスは知っている」

香港のタンザニア人コミュニティの話。
・タンザニアの人々は待ち合わせに数時間遅れたり、すっぽかしたり。
・難民ではないのに難民申請をしたり。

しかしその一方、困った同胞がいると
・「偶然に出会った得体の知れない若者」でも気軽に部屋に止める。
・1年にもわたって衣食住の面倒を見る。
日本人はここまでできるだろうか?

香港にいるタンザニアの人は仕事をしに来ている。そして騙され方もすごい。
・海賊版DVDを大量に仕入れて母国で確認したら全て空CDだった。
・共同で宝石をコンテナで運んだのに一足早く受け取り全て持逃げされた。

ペーパーワイフとペーパーハズバンドは香港でも勿論ある。
偽装結婚よりよほどわかり易いのでは。

・日本人は真面目に働かないことに怒り、香港人は儲けが少ないことに怒る
・アジア人は干支を気にするから自己紹介で干支と星座を言う

など、タンザニアの人々は良く観察している。
その国で仕事をしようと思ったら、郷に従うのは当たり前かつ朝飯前なのだろう。

日頃仕事をしていると遅刻したり難民でないのに難民申請する人達に??が絶えないが、
この本を読むと、商売人でしたたかだけど、同胞愛にあふれる、人達なのだと、少し理解ができる気がする。

☆スマホをGoogleに変えてアジアを思う

愛用のHxxxのスマホ
1.バッテリーが怪しくなり、20%が急に4%になったりする。
2.ストレージが90%前後となり動作が重くなってきた。

最近は何でもAppliを入れることを要求されるのですぐ使用しないものは削除し、今使うものをInstallし、用が終わったらすぐ消して、と面倒くさいことを1カ月ほど続けつつ、厳選されたAppliのみがスマホ上に残っていった。
これはこれでスッキリ。Appliの断捨離で。無ければ無いでまた入れれば良いだけである。

が、バッテリーが急減するのは地震の際などに怖い。
ストレージがギュウギュウなのも今一つ。個人的には50%くらいで留めて何か急にストレージを使う必要があっても大丈夫と余裕をかませていたい。

知人から3年たったらスマホは全く別物と聞いたこともありいろいろ迷ったあげくGoogleを購入。

さて移行である。

今は旧スマホのBackupとか取る必要ないんですね!
ケーブルを繋げてくださいとGoogle様の仰る通りに繋ぐと、旧スマホに入っていたAppliが一発でGoogle様に移行した!
Mailの設定も勝手に引き継がれた模様。
3年前はHxxxにBackUpを復元し、Appliも全部入れなおした覚えがあるので1時間くらいかかった気がするが、10分ほどで終了した。
3年の進歩は侮れませんね。自分もそれくらい進歩できると良いけど。

Googleに変えて。
1急速充電があるため、1時間ほどで2%が100%に。何とGarminが20%から100%になるより早い! Appliの断捨離の癖のせいか、充電も2-3日に1回でOK。
2ストレージは18%使用と余裕余裕。

しかし以下は不満

1壁紙が自分の撮った写真から1時間/1日単位で自動で切り替わっていたのが その機能がなくなった。こんなことがあったなぁと振り返る良いきっかけだったのに。
2起動時にHxxxは華々しい画像で、Motivationが上がったけどGoogleは静かに起きるだけ。
3ストレージを開放するため、キャッシュ削除を細々とやっていたのにその機能がない。

 他にも自分でカストマイズしていたことが、多分自動でできるようになっていて楽しみが減った感じ。
1に関しては友人、特に理系はそんな機能要らない~。スッキリが一番、ということなので世界の粋を集めた技術者集団Google様がそうなっているのは分かる気がする。

しかし私は理系?アメリカ?より亜細亜の感性に近いのだなぁとスマホを変えて感じるのでした。

国家を瓦解させる移民政策 by 藤原正彦先生

毎月外国人関連の雑誌や新聞記事をコピーして送ってくださる方がいます。その中で「国家を瓦解させる移民政策」というのが心にしみましたのでご紹介します。

山本夏彦先生曰く「『女に参政権はいらないと言えば、さぞかしお怒りだろうが待ってくれ、男にもいらない。制限選挙でたくさんだ』国民の大半は軽佻浮薄で流されやすいから、全員に参政権など与えたら世の中が滅茶苦茶になってしまう、という本質をユーモアに包んで伝えている」

藤原先生が大学にいたころ、女性教授が「教官は男女同数にすべき」と発言し、『「日本の博士課程在籍者は男性が圧倒的だから、男女同数にすれば研究レベルが著しく低下する」と反論し、白い目で見られ』た。

ドイツのメルケル首相が2015年シリア難民の受け入れを表明したのは、「平等は正しい」と考え論理で突っ走るドイツ人特有の原理主義に加え、ナチスに対する過度の贖罪意識が原因だった。反省は大事だが極端に走った結果、急速に治安が悪化し、メルケル首相が方針撤回に至ったのは周知のとおり。ドイツのメディアが移民絡みの犯罪を報じないのは差別とみなされるからで、日本も同じ。

移民を受け入れると外国人が急増する。①永住を得た移民は家族や親せきを呼び②出生率が高く③移民受け入れに反対すると差別の烙印を押されるため。

説得力あるなと思っていたら藤原正彦先生は新田次郎と藤原ていの次男なんですね。新田次郎は「孤高の人」「聖職の碑」、藤原ていは「流れる星は生きている」が強く印象に残っています。

「国家の品格」も藤原先生の書だったとは。移民に関し、日本語教育や永住・帰化制度などが中途半端な今のままでは将来欧州の二の舞になると危惧していますが、藤原先生の新たな視点は参考になりました。他にもいろいろ読みましたが面白かったです!

bty

国連のパスポート レセパセLaissez-Passer

日本と中国のパスポートの表紙は赤、韓国、インドネシアは緑と国によって色が違います。背景も日本は富士山、アメリカは鷲です。さてパスポートは国が発行するものだけではありません。

入管法第2条 旅券の定義には以下のような記述があります。

五 旅券 次に掲げる文書をいう。

イ 日本国政府、日本国政府の承認した外国政府又は権限のある国際機関の発行した旅券又は難民旅行証明書その他当該旅券に代わる証明書(日本国領事官等の発行した渡航証明書を含む。)

ロ 政令で定める地域の権限のある機関の発行したイに掲げる文書に相当する文書

「権限のある国際機関の発行した旅券」の例として 国連が発行する表紙がブルーのパスポートはレセパセLaissez-Passerと言い、旅券として使えます。国連の職員が業務上で国境を超えるときのみ使用できるようです。あまり行政書士は見る機会がないですが。

難民の方は本国にいられなくて他国に逃げてきたので、本国でパスポートは発行してもらえません。そこで他国が旅券に代わる難民旅行証明書を発行します。

ロの「政令で定める地域」とは日本が国として承認していない国、現在は 台湾並びにヨルダン川西岸地区及びガザ地区 です。台湾は以前国として日本は認めていましたが、 1972年、当時の田中角栄首相が 中国と国交回復した際に政令で定める地域ととなってしまいました。

行政書士になって初めて知ったことですが、歴史はいろいろなことを考えさせられます。

cytisによるPixabayからの画像

行政書士の選び方 How to select Gyoseisyoshi Lawyers

結論からいうと話を良く聞いてくれ、説明を納得いくまでしてくれる行政書士に依頼するのがベストだと思う。

2年間通った歯医者Xで、3カ月に1回メンテナンスに通っていたのに2年の間に歯がボロボロになった。

何のためにメンテに通っていたのか? その歯医者にはもう行きたくないので別の所を探した。 歯医者を探すのは難しい。Netで歯医者の口コミは件数も信頼できそうな口コミも少ない。それでも良さそうな歯医者を探してA医院に行ってみた。が、うちではできない、というのみ。しょうがないのでもう1か所探し、B医院に行った。B医院は町医者では難しいと、大学病院への紹介状を書いてくれた。

実際に行ってみてB医院の対応に助かったが、A医院は次どうすれば良いのか、全くわからずストレスだった。

行政書士も同じだと思う。いくつかの事務所に聞いたが、どこも言うことが違うので何を信じれば良いかわからない、と言うお客様がいる。

先入観でお客様の話をきちんと受け止められなかったり、言葉足らずでこちらの意図が伝わらなかったり、経験値が少なかったり。

A医院の先生も技術は高いのに、言葉が足りなかったのだと思う。当事務所の場合、お客様は不安が高じて相談にいらしているので、①なるべく早く相談にのる は実践しているが、②当事務所でできないときは次のステップを案内する ③日本語ができるお客様でも全てを理解しているとは限らないので何回か確認する ことを徹底したいと思った。

懲戒請求されている行政書士は東京都の場合、こちらで確認できる。許可がおりないような案件もできると言って高額な報酬で請け負ったりする人も中にはいるので、参考にしてほしい。

Free-PhotosによるPixabayからの画像

https://www.tokyo-gyosei.or.jp/profile/disciplinary_action.html

From the conclusion, I think it is best to ask an Gyoseisyoshi Lawyer who listens your talk well and explain till you understand well.

Dental clinic X, I went to maintenance once every 3 months for 2 years, but my teeth was getting worth in 2 years.

What did I go to maintain for there? I never want to go to the dental clinic anymore, so I searched another place. Finding a dental clinic is difficult. There are few reviews of dentists on the Net and are likely to be not reliable. I selected A dental clinic anyway. But A dentist only said that he can’t care my teeth there. I couldn’t help but looked for another place and went to B’s dental clinic . Dentist B wrote a letter of introduction to the university hospital that my case was difficult for a town doctor.

B dental clinic is so helpful for me. About A dental clinic, I wasn’t sure what to do next.

I think Gyoseisyoshi Lawyers are the same. Some customers said they have heard from several Gyoseisyoshi Lawyers , but they didn’t know what to believe because they said different things depends on Gyoseisyoshi Lawyers .

They may not be able to properly understand the customer’s story because of preconceptions, they may not be able to convey customer’s intentions due to lack of words, or they may have little experience.

I think the dentist of A’s clinic was skilled, but lacked enough language. In the case of our office, the customer is very anxious and is in need of consultation. Therefore, ①I will give them a consultation as soon as possible, but ②If my firm cannot accept customer’s case, I will guide them to the next step if there are. ③Even a customer who can speak Japanese doesn’t always understand everything, so I need to check important things several times.

The Gyoseisyoshi Lawyers in Tokyo who disciplinary action is requested can be confirmed here. There are some Gyoseisyoshi Lawyers who say that they can do projects that they never get a permission. Therefore please refer to belows.

https://www.tokyo-gyosei.or.jp/profile/disciplinary_action.html