「チョンキンマンションのボスは知っている」を読み

「チョンキンマンションのボスは知っている」

香港のタンザニア人コミュニティの話。
・タンザニアの人々は待ち合わせに数時間遅れたり、すっぽかしたり。
・難民ではないのに難民申請をしたり。

しかしその一方、困った同胞がいると
・「偶然に出会った得体の知れない若者」でも気軽に部屋に止める。
・1年にもわたって衣食住の面倒を見る。
日本人はここまでできるだろうか?

香港にいるタンザニアの人は仕事をしに来ている。そして騙され方もすごい。
・海賊版DVDを大量に仕入れて母国で確認したら全て空CDだった。
・共同で宝石をコンテナで運んだのに一足早く受け取り全て持逃げされた。

ペーパーワイフとペーパーハズバンドは香港でも勿論ある。
偽装結婚よりよほどわかり易いのでは。

・日本人は真面目に働かないことに怒り、香港人は儲けが少ないことに怒る
・アジア人は干支を気にするから自己紹介で干支と星座を言う

など、タンザニアの人々は良く観察している。
その国で仕事をしようと思ったら、郷に従うのは当たり前かつ朝飯前なのだろう。

日頃仕事をしていると遅刻したり難民でないのに難民申請する人達に??が絶えないが、
この本を読むと、商売人でしたたかだけど、同胞愛にあふれる、人達なのだと、少し理解ができる気がする。

技能実習生の失踪を技能実習生はどう思うのか

実習生が失踪し豚を盗んで・・というニュースがあったので、技能実習講習の講師をしたとき、何故失踪をすると思うか実習生に聞いてみました。いつもは失踪の事例や結果を伝えて注意するだけですが、実際実習生は実際どう思っているのか?

すると仕事がツライ、給与が低い、暴力など出てきました。

ではその対策として何が考えられるか聞いたら、以下のような回答でした。

・当初の目的を思い出す・相談する・自分と他人でできることを考えるetc.

人のせいにばっかりしないで、自分がまず変わるという認識があるのが凄い!私が20代のとき、そんなこと考えていなかった。

異国で日本語も仕事も慣れないと、忙しいとき会社の人に怒鳴られることもあるでしょう。会社が悪いときも勿論あるけど、自分達もできることはあるはず。日本人もそうですが、異国で悪いことをするとその国の人全員が悪いと思われ易い。でも自分が国を代表している、自分でできることをまずする、という2つの視点を持ち続けてくれたら、3年後帰国時良い思い出を持って帰ってくれるはず。

外見に惑わされてはいけない

イスラム教の女性。
ヒジャブ(頭に被るベール)被り、とても慎ましく見えます。
が、お客様に夫とのSNS見せてもらったら、💋や💕😘が多用されており、可笑しいやら微笑ましいやら。
教訓:外見に惑わされてはいけない。

Azuan HashimによるPixabayからの画像 

Muslim woman.
Hijab (veil on head), looks very modest.
However, when my client showed me the SNS with her husband, 💋 and 💕😘 were heavily used in their post.

It looked funny and smiling.
Lesson: Don’t be misled by appearance.

香港のデモ Demo at Hong kong

香港から台湾への移住が急増し、 8月に前年同月比54%増加 しているそうである。10/13 ロイター。 1997年にイギリスから中国に返還される前も香港からアメリカ、カナダへの移住が増加したと聞いた。2005年頃の話だが、友人など香港でバスを待っていた際、見知らぬ香港人から「日本人はいいわね。他の国に永住するということを考える必要がないんだから」と言われたそうである。

最近では、香港の方に聞くと高度な職はメインランドの人に取られ、不動産もメインランドの人や企業に買われて高騰、40㎡で家賃月額40~50万!、通勤1時間半かかるところに住まざるを得ないという。が、多くの富裕層は既に他国の永住権を持っているので心配ないとのこと。

心配なのはデモ参加者が先輩から強制されて中高生まで広がっていること、本気で参加している人は多くないという。確かに銃撃された2人は高校生と中学生だった。

台湾に住む外国人に「香港の次は台湾という危機感はないか」と尋ねると、香港と台湾は根本的に違う、という答え。海外から俯瞰するのと住んでいる立場での感じ方は違うかもしれない。

立場によりいろんな真実、感じ方があると思うが、この仕事の良いところはいろんな国の方に最新の意見を聞けることにもある。

JL GによるPixabayからの画像 

Migration from Hong Kong to Taiwan has increased rapidly, 2019/10/13 Reuters said. It increased 54% in August from the same month last year. I heard that migration from Hong Kong to the United States and Canada increased when Hong kong returned to China in 1997. I heard when my friend were waiting for a bus in Hong Kong, an unknown Hong Kong woman said, “Japanese is good. You don’t have to think about migrant to other countries.” around in 2005.

Recently, I heard people from Hong Kong that highly skilled jobs are occupied by Mainland people, real estate is bought by them. So 40㎡ room is soaring 400,000~500,000 Japanese yen monthly rent! They said Hong kong people was forced to live in a place that would take an hour and a half to commute. However, many wealthy Hong kong people already have permanent residence in other countries, so they are not worried.

I’m worried that I heard demonstrators have been forced from seniors to junior and senior high school students. The two who were certainly shot from police were high school student and junior high school student.

When I asked a foreigner living in Taiwan, “Isn’t there a sense of crisis next to Hong Kong?” The answer is that Hong Kong and Taiwan are fundamentally different. The way you feel from an overseas perspective may be different from the way you live.

I think there are various truths and feelings depending on the position, but the good thing about this work is that you can hear the latest opinions from various countries.

中国の監視カメラ  Surveillance cameras in China

中国での監視カメラ。 2019/2/25 Bloomberg によると、中国では2016年時点で約1億7600万台のビデオ監視カメラが設置されているそうである。米国は約5000万台。

中国のお客様に聞くと地方にもたくさんあるそうだ。嫌じゃないですか?と聞くと、悪人が悪いことできなくて良い。当たりやも強盗も減ったとのこと。確かに2018年1年でコンサート会場で犯罪容疑者や指名手配者が60人以上捕まった、彼らは捕まるかもと思ったが観に行きたい気持ちの方が強かった、という ニュースに苦笑してしまったけど。

でも自分がいつどこにいるかいつも把握されているんですよ!と問うと、中国ではPrivacyそんなに気にしないよ。窓もカーテンも開けっぱなしで道行く人に見られても気にしないと。

外国人に聞くと日本の良いところに治安の良さがベスト3に入る。Privacyを守りつつ安全も機能する日本が続くと良いのだが。

Jürgen JesterによるPixabayからの画像

Surveillance cameras in China. February 25, 2019 According to Bloomberg, there are about 176 million video surveillance cameras installed in China as of 2016. About 50 million units in the United States.

I heard Chinese customers there are so many surveillance cameras even in the region. I asked “You don’t like such a situation, do you?” Then they answered “It is good because bad guys don’t do bad things.” They said the numbers of hits and robberies has decreased. Certainly, in 2018, at the concert, more than 60 criminal suspects and wanted persons were caught, they thought they might get caught, but they wanted to see the concert!

But you always be watched where and when you are! They said they don’t really care about Privacy much in China. They don’t mind if people on the way see their house. So they open the windows and curtains.

When I ask foreigners, one of the best point in Japan is good security. I hole good security will continue to function while protecting privacy in Japan.

実は辛い一夫多妻ーパキスタン人

パキスタンの人は結婚する相手は結婚式当日初めて会うそうです。それまでは写真だけ。誰が選ぶのか聞いたら親だとか。

「え~親の言うことに従うの!?」とびっくり(@_@)して「会ってから違うと思ったりしないんですか?」と聞いたら、

「親が自分のことを一番よく知っているから」との答え。

この従順さはイスラム教だから??と思って本を読み漁りました。

 

そしてわかったのは以下のようなこと。

・6歳頃まで男女一緒に育つが、それ以降は学校も男女別で、出会いの機会は親族の集まりくらいしかないこと。

・一夫多妻というが、金銭は平等に分け与えないといけないし、愛情も平等でないといけない。経済的余裕がないと二妻も

難しく、二妻目以降は前の妻に許可(?)をもらうそうです。

愛も平等って逆にストレスたまりそう。(^^;

・家では女性もヒジャブ(ベール)をとってカラフルな洋服でいること

・食事は男女別。リビングも玄関も別。

そういえばパキスタン男性Aさん宅で夕食をご馳走になった際、ちょうどパキスタンの男性のお客様のお父様も来日していらして同席しましたが、同国人奥さんはいつの間にかいないし、お父様は怖い顔で殆ど話さないし、Aさんもお父様に遠慮して(多分)殆ど話さないし、と時間が長ーく感じたときがありました。💦

それは食事を一緒にとらないからだったんですね。

 

パキスタンでは小学入学時になったら本国に帰る人が多いです。

コーランを日本では学べないこと、男女別教育が難しいからだと思います。

体育の授業で足を出したり、水着を着たりするのはイスラム教の人にとって信じられないのでしょう。

 

コーランを読んでいてわかったのはユダヤ教、キリスト教、イスラム教が全部同じ神様であること。

ユダヤ教は旧約聖書、キリスト教は新約聖書、イスラム教はコーランを経典とし、いずれも一神教です。

イスラム教国トルコの20代の女性に「日本は八百万の神といって神様が何にでも、例えば木にも針にも大根にも、いると考えられてるよ」

と言ったら大混乱していました。

私の英語力の問題もありますが。(^^;

 

マレーシアなどイスラム圏に行ったときは明け方17時くらいからアザーンというお祈りが始まる合図の音楽が鳴ります。

お客様も普段は家や会社でお祈りしているようですが、金曜日はモスクに集まるようです。

パキスタンの方は中古車貿易会社を経営している方が多く、電話をすると「これからオークションに行く」「オークションに行ってきた」とよく聞きますが、金曜日はそれが「これからモスクに行く」に変わります。

 

イスラム教と言えばラマダン時期の断食も有名ですね。

日の出から日の入りまで何も食べない、水も飲めない時期が1年に1か月ほどあります。

毎年ずれますが、2018年は5月から6月14日まででした。

日ごろ食べられない人へ心を重ねるためと言われ、イスラム教の人にとっては辛い時期かと思ったらなんと!楽しみだそうです。

普段会えない親戚が集まる時期で、日が暮れたら皆でワイワイ食事を一緒にとり、明け方3時か4時には起きて

また食事するので、連帯感も強まるそう。

病気の人、旅行中の人は免除されるようですが、在日のお客様はきちんと断食されているようです。

日本でも健康のため断食したり、一日一食ですませたりする人がいますが、一人では辛くとも仲間がいると続くかもしれません。

 

礼拝、断食、喜捨以外にハッジというメッカへの巡礼もイスラム教徒の勤めです。

ハッジの時期はハッジ専用飛行機で、パスポートに押されるスタンプもハッジと書いてあります。

メッカに着いたら男女に分かれて洋服を着替えて礼拝し、ハッジをした人はハッジャーと言われ、尊敬されるようです。

お金もかかるハッジをお客様は2回も行っていました。

 

イスラム教というと狂信的なISを思い出しますが、イスラムの戒律を守るお客様を見ていると宗教は関係ないと

思います。

女子高生的?フィリピン人気質

高野秀行氏の「移民の宴」は日本に定住している外国人が日本でどんなものを食べているかを取材した本ですが、各国外国人の気質がよく書き分けられていました。

当事務所でも各国の外国人と触れ合う機会が多いですが、あそこまで違いを明確にできないな~と。

中でもそうそう、とうなづいたのがフィリピン女性の頁。

当事務所でフィリピンのお客様は多くなくその実態を知らなかったのですが、フィリピンの女性が多く集まるお花見に誘ってもらったら、そのかしましいこと!

~一人の女性が「これじゃ落しぶただ」と言うと、他の人が「え、あたしブタ?」「そう、あなたブタ!」「ノー!あたしブタじゃない、あなたブタ!」と大騒ぎ、大笑い。~(「移民の宴」から引用)

というのがピッタリあてはまりました。写真1枚取るたびにキャーキャーワーワー、まるで女子高生の集まりのよう。

楽しいだけでなく、優しくてフィリピン女性と結婚する日本人男性が多いのもわかります。

でもその件でフィリピンに興味を持ち読んだ本の中に、浮気しているんじゃと疑われた日本人男性がフィリピン人の奥さんにピストルで打たれそうになった、という内容がありました。嫉妬深いようですので、気をつけてください。( ´∀` )